最近は忙しいからと入浴をせず、シャワーのみで終わりにする人も多いのではないでしょうか。例えば一人暮らしの人などはお風呂にお湯を溜めると不経済なので、シャワーのみにしたくなるかもしれません。ですが、湯船に浸かることには大きなメリットがあります。

お湯に浸かるとどういうメリットがあるのかというと、まず浮力で筋肉の緊張がゆるむのでリラックスできます。水圧で血行が促進されるので、マッサージを受けた時のように血流の流れがよくなります。その結果、腰痛の解消や疲労回復に繋がります。熱いお湯に浸かり体温を上げれば、ストレスや疲れに強い身体作りに役立ちます。腰痛にお悩みの方はシャワーのみで終わりにせず、しっかり湯船につかることをおすすめします。
腰痛解消に効果的な入浴方法ですが、40~42度くらいの湯船に10分~20分ほど浸かります。体温を38度くらいにあげるヒートショックプロティン入浴法なら、傷ついた細胞を元気にしてくれるタンパク質を体内に増やすことができます。そのことで、腰の痛みを解消し疲れにくい身体にできます。
湯船に浸かっている時に腰の痛い部分を軽くマッサージし、入浴後はバスタオルで保湿しましょう。というのもヒートショックプロティン入浴法はお風呂から出た後、熱を逃がさないように保温するとより効果がでやすいからです。バスタオルなどで全身を包み、10分~15分ほど安静にするとより効果が期待できます。入浴前後に水分補給をすることも忘れないようにしてください。発汗が促され、さらに新陳代謝が良くなります。
腰痛の解消で最も大事なのは、リラックスして入ることです。シャワーのみで出たり急いで入浴して出るのでは、効果も薄くなってしまいます。余裕を持ってお湯に浸かることで、疲れもとれ腰痛の解消につながるというわけです。湯船に浸かることで血液の循環改善は勿論、腰痛の原因ともなる蓄積した乳酸などの筋肉の疲労物質も流すことができます。入浴後は腰が痛い部分や疲れがたまっている部分のストレッチなどを行い、血行を促進させ筋肉をゆるめましょう。

慢性的な腰痛の改善には腰周りの血流改善が大切です。骨盤に歪みが生じていると、筋肉に負担がかかるだけでなく腰周りの血行不良にも繋がります。調布駅前整体院では専用のベッドを使用した骨盤矯正を行っております。カイロプラクティックに基づいた痛みの無い矯正ですので、ボキボキと音の鳴る矯正が苦手な方でもご安心ください。お待ちいたしております。