OLYMPUS DIGITAL CAMERA

身体が重だるいと感じる時は自律神経が乱れが原因の可能性があります。自律神経は身体の調子を司る重要な存在であり、その働きが乱れることで様々な不調をきたしてしまうのです。筋肉の緊張も引き起こすために身体もだるくなりやすく、肉体的にも精神的にも活力を感じにくくなります。

肝心の自律神経が乱れる原因ですが、大きく関係するのがストレスです。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類に分けられます。このうち、ストレスを感じる交感神経を刺激しますが、この神経は車で言うところのアクセルの働きを持ちます。神経を高ぶらせ緊張状態にさせますので、身体の調子も崩しがちになるのです。だるさを取り除くにはリラックスの働きがある副交感神経を優位にすることが大切になります。

副交感神経を優位にするために簡単に行える方法は、まず深呼吸をすることです。ゆっくりと息を吸い込み、そしてゆっくりと息を吐くという動作をするだけでも気持ちの落ち着きを取り戻せます。緊張した時に深呼吸をすると気分が安定しやすくなりますが、これは呼吸によって副交感神経が有利になるからです。
身体を温めるのも副交感神経を優位にするために有効な対処法です。ストレスによって交感神経が活発になると血行が悪くなり体温も下がります。その状態が続くと冷え自体がストレスになるという悪循環にも陥ってしまいます。したがって、身体を温めるための工夫を凝らすことが重要になってきます。例えばシャワーで済ませず、ぬるめのお湯を張った湯舟にゆっくりと浸かるのも効果的です。
マッサージを行うのもおすすめです。筋肉の緊張を解すことができ、血行の促進効果にも期待ができます。湯舟に入っている時や就寝前などに行うとより効果が期待できます。その際、腸を刺激するマッサージを取り入れてると尚良いと言えます。腸は自律神経に影響する臓器であり、腸の働きが低下すると便秘や免疫力の低下も招きます。

また、骨盤が歪んでいると腰周りや下半身の血行不良が起こり、結果全身の巡りも悪くなります。調布駅前整体院では骨盤矯正を行っております。音の鳴るような施術ではなく、専用のベッドを使用した痛みの無い施術ですのでご安心ください。骨盤の歪みを矯正して血行を改善し、全身のだるさの原因になる自律神経の乱れを整えていきます。
季節の変わり目は外界の変化で身体にストレスが溜まりやすく、自律神経がより乱れ易い時期です。身体のだるさ解消・お身体のメンテナンスとして、調布駅前整体院をぜひご利用ください。お待ちしております。