産前にマタニティマッサージをすると、心身の不調が改善する効果が期待できます。結果、リラックスして出産に臨めるようになります。
また、妊娠中は薬の服用が制限されてしまいます。そのため、病気を患っても投薬治療ができないことが多々あります。マタニティマッサージは代替療法として有効であり、妊娠中の病気が改善できる場合もあります。

マタニティマッサージにはいろいろな種類があります。主なものには、指圧やアロママッサージ、カイロプラクティック等があります。マッサージの種類によって期待できる効果は微妙に異なります。ですが、いずれも心身の不調が改善し、緊張した心がほぐれてきます。
マタニティマッサージにより心身の不調が改善する理由の一つに、血の巡りが改善があげられます。それにより、血行不良が原因の肩こりや腰痛などの緩和が期待できます。また、血行が良くなると自律神経のバランスが整い、心の状態も良くなってきます。
特に、慢性的な冷え性にお悩みの方は、妊娠中身体を温めることが大事になってきます。マッサージで血行を良くして体を温めることは、安産のためにも非常に重要なことです。
マタニティマッサージの注意点として、通常のマッサージとは異なり、妊娠中はお腹を圧迫させることは厳禁です。また、つわりが酷い時にはマッサージを中止しましょう。妊娠中は医師と相談することが大事ですので、必ず医師の許可を得てからマッサージを受けるようにしましょう。
また、産婦人科の病院の中には、院内でマタニティヨガなどの指導が受けられる場合があります。インストラクターは医師のお墨付きを得ていますので、安心して指導が受けられます。母親教室などの各種教室が院内にある産婦人科もありますので、事前によく調べてから産婦人科の病院を選びましょう。

調布駅前整体院ではマタニティコースがございます。安定期(妊娠5~7カ月頃)に入っていれば、マッサージをお受けいただけます。腹部の圧迫を和らげる専用のマタニティクッションを使用しておりますので、無理なく俯せで施術をお受けいただけます。平日、土日祝日の午前の部限定とさせていただいておりますので、何卒ご了承ください。
妊娠時の諸症状の緩和・改善に、調布駅前整体院のマタニティコースをぜひご利用ください。お待ちしております。