腰痛は年齢を重ねた人がなるものというイメージがあります。ですが、ぎっくり腰や激しいスポーツなどによる疲労により、年齢を問わず腰が痛くなることが多々あります。特にぎっくり腰は思いもよらない時に急になるものです。そのため、痛みの原因や正しい対処方法を知っておきましょう。

腰痛の原因は主に5つに分類することができます。
1つ目は姿勢です。姿勢が悪いと腰に大きな負担がかかってしまいます。また、長時間同じ姿勢を続けることも同様に負担が大きくなるので気を付けましょう。
2つ目は一時的に過度な負担がかかることです。普段スポーツをしていない人が急に激しい運動を行ったり、重い荷物を持ち上げた時には特に注意が必要です。ぎっくり腰はこの過度な負担が原因として大きく関連してきます。
3つ目の原因は筋肉の衰えです。腰回りを支える筋肉量が少なくなると、腰にかかる負担が大きくなり痛みを感じやすくなります。これと同じように加齢によって骨がもろくなるのが4つ目の痛みの理由です。
5つ目は内臓などの病気が関連してきます。特に子宮や肝臓の病気は腰の痛みに繋がりやすくなります。痛みが強い時は我慢せず、医師に相談しましょう。

腰痛の痛みは寝る時の体勢を意識することが大切です。睡眠時は姿勢が長時間変わらないことが多く、適切な姿勢をしなければ身体の歪みや腰の負担を増すことに繋がります。その結果腰痛の完治が遅れたり、悪化することも考えられます。
寝る時の姿勢は仰向けがおすすめです。ですが、同じ姿勢を続けているのは逆効果なので、適度に寝返りをうつように心がけましょう。痛みが強い箇所を上に向けたり、体を丸めて寝るのも最適です。
横向きで寝る場合は、腰にかかる負担を減らすためにクッションを膝で挟むようにしてみましょう。これに加え、楽に寝返りができるようにベッドや布団を大きめのものにするなど、寝具を工夫することも重要です。特に布団とマットレスは適切な硬さのものを選ぶことで、腰痛を和らげることが期待できます。

調布駅前整体院では腰痛の原因ともなる身体の歪みを、専用のベッドを使用し矯正していきます。カイロプラクティックに基づいた痛みの無い施術ですので、初めての方でもご安心ください。お待ちいたしております。