背が低く見えたりスタイルが悪く見えてしまう猫背。見た目の問題は勿論ですが、健康を害してしまう恐れもあります。背筋を伸ばすように意識しても、方法を間違うと逆に腰痛などを引き起こしかねません。
猫背の主な原因は日常生活で習慣になっている癖にあります。パソコン仕事が多かったりスマホの操作時間が長かったりすることで、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなります。集中していると自然と前屈みの姿勢になりやすく、より猫背が進行します。このような生活習慣により腹筋や背筋が衰えてしまうと、筋肉が萎縮し背中が伸ばしにくくなります。腹筋は前傾姿勢や上体を起こす時に使われる筋肉です。また、背筋は姿勢の保持に欠かせません。上体を起こして支えるといった動作時にも重要です。これらの筋力が低下することにより、双方の筋肉のバランスが崩れ、姿勢も自然と悪化してしまいます。そのため、
対処法としては、ストレッチは勿論、筋肉を鍛えることが重要になります。バランスボールを用いた筋肉トレーニングがおすすめです。まず、バランスボールの真ん中に座ります。腹筋に力を入れることを意識しつつ、少しずつ仰向けになります。そのまま、胸を張った状態でキープしましょう。筋肉に力が入っていることを確認できたら、ゆっくり元の姿勢に戻ります。この動作を1セットとして、毎日30セット行いましょう。しかし、慣れないうちは逆に痛めてしまう可能性もあります。決して無理はせず、少ない回数から始めてみましょう。
身体に歪みが生じた時にも筋肉の使い方に偏りが生じ、猫背の原因となることも考えられます。調布駅前整体院ではカイロプラクティックに基づき、身体の歪みを整える施術をおこなっております。猫背改善の為に調布駅前整体院をぜひご利用ください。お待ちしております。