つらい頚のこりと眼精疲労はしばしば同時に起こり得ます。というのも、お互いが筋肉を通じ、密接に関係しているからです。
例えば、悪い姿勢で長時間作業をしていると、身体中の筋肉が極端に緊張します。そのためにストレスや疲れを感じるようになります。これが頚周りの筋肉も起こると、僧帽筋~前斜角筋を介して他の箇所にも問題が波及していきます。
僧帽筋は肩から頚部にかけて広がっている筋肉です。上部~下部にかけ、三段階の構造になっています。全体を見ると台形の形をしており、上部は前斜角筋とは近しい関係にあります。更に、肩甲挙筋も僧帽筋と密接に関わっているため、僧帽筋の筋緊張が極端になると頚・肩のこりが悪化しかねません。それらのこりと眼精疲労が並行して起こるのは、僧帽筋と周囲の筋緊張が表情筋にまで及ぶからです。人間の頚部は細い形状で10%近くもある頭部を支える構造になっています。通常の状態でもかかる負担は少なくありません。それに身体の歪みも加われば、頚のこりと眼精疲労が双方悪化するのは十分考えられます。
頚のこりと眼精疲労の解消には、まず身体の歪みの解消が必要不可欠です。同じ姿勢を長く続けないように意識し、時折ストレッチやエクササイズを行っていきましょう。風池と天柱のツボを刺激する方法も、双方の問題解消に効果が期待できます。お風呂に入り、血行を改善しながらマッサージを行うのもおすすめです。
調布駅前整体院では身体の歪みを整え、頚のこりと眼精疲労の軽減・解消をお手伝いしております。カイロプラクティックに基づく痛みのない施術により骨盤を整え、身体を本来の状態へと戻していきます。厳しい寒さで首を竦めてしまいがちなこの季節は、一層頸肩周りが強張りやすくなります。頚のこりと眼精疲労の軽減・解消は、調布駅前整体院にご相談ください。