それひとつで様々なことができてしまうスマートフォン。電話やメール、LINEは勿論、アプリやゲームなども有り、ついつい時間を忘れて使用してしまいがちです。そんなスマホの長時間使用が習慣化している方は、頚椎の湾曲が変形する『スマホ巻き肩』になっているかもしれません。スマホ巻き肩になりますと、頚椎だけでなく、その周囲の筋肉にまで悪影響を及ぼします。初期段階では頭痛や肩こりといった症状が出てきます。悪化するにつれて、手のしびれや頚椎部分の痛みが生じていきます。また、スマホ巻き肩が腰痛を引き起こす場合もあります。
スマホ巻き肩が腰痛を引き起こす一番の原因は、スマホを操作する時の姿勢です。立位や座位でスマホを操作する場合、画面を顔の正面に持ってくるのであれば問題はありません。ですが、基本は目線が下を向いた状態で操作することが殆どです。下を向いた状態は、頚椎の前方への曲がりが通常より一層深くなります。頚椎は普通、横から見るとC字のカーブを描いています。しかし、顔が前方へ深く曲がると頸部の骨が真っ直ぐになってしまいます。そうなると、骨だけでなく、周辺の筋肉の負担も大幅に増大します。
これらの流れは、一見腰痛には関係無いように思えます。しかし、頚椎が真っ直ぐに歪めば頭部の重さをバランス良く支え切れなくなります。そうなれば背中や腰の筋肉にも負担が掛かり、腰痛を引き起こす原因になってしまうのです。
スマホ巻き肩はその原因が明確ですので、整体では腰部ではなく頚椎部分を正常な状態に整え、腰痛を改善していきます。ご自分でも行えるスマホ巻き肩解消法は、まず両腕を首の後ろで組みましょう。その状態のまま、顔を天井方向に向けて一呼吸分静止します。これだけの動作ですが、毎日続けることで頚椎の変形による腰痛は効果が期待できます。
調布駅前整体院でもスマホ巻き肩やそれに伴う腰痛を解消する施術を行っております。ぜひ一度ご相談ください。