デスクワークが多く、つらい肩こりにお悩みの方は少なくありません。長時間同じ姿勢を取っていると血行が滞り、筋肉を覆う膜の強張っていきます。また、肩甲骨の動きが低下したり、疲労で猫背気味になるといったことも肩こりに繋がります。
毎日のように長時間パソコンに向かっていると、そのまま首・肩周りの筋肉が強張ってしまいます。同じ位置ばかり見続けている為に、眼精疲労になることもあります。そうなると、肩こりだけでなく頭痛にまで悩まされてしまう場合もあります。また、座る時間が長いと骨盤が歪んでいきます。骨盤が歪めば、身体のバランスも崩れてしまいます。結果、肩こりが余計に悪くなることも少なくありません。
治療院に通院すれば改善されていくこともあります。しかし、仕事を続ける以上、肩こりを誘発する習慣は残ってしまいます。肩こりが何度も繰り返されてしまう可能性は捨てきれません。
デスクワークによる肩こりには、肩甲骨を動かすエクササイズを行うのがおすすめです。肩周辺の筋肉を緩めれば、肩こりが和らぐのは勿論、息が吸いやすくなります。取り入れられる空気が増え、疲労回復や気分転換にも繋がります。昼休みや休憩時間を利用して、肩こりが気になった際に行いましょう。
まず、1つめのエクササイズは『肩甲骨回し』です。肩を脱力させ、胸の前で両方の手のひらを合わせます。その体勢のまま、肘で円をえがくイメージで片方の腕を上から後ろに回します。その際、なるべく大きく回すように心がけましょう。右腕を行ったら左腕といったように交互に肘を回します。左右共に回し終わったら、下からも後ろに大きく回します。
次は、ハンカチを使った肩こり解消エクササイズです。最初に準備として、ハンカチを棒状にしておきます。その棒状にしたハンカチの端と端を両手で持ち、息を吸いながらゆっくりと腕が耳の横にくるくらいまで上へあげます。その後、息を吐きつつ徐々に腕を下していきます。今度は腕を上げた後、息を吸いながら身体をゆっくり右に倒します。気持ちよく伸ばしたところで、息を吐きながら元の位置に戻ります。左側も同様に行ってください。上、右、左を1セットとし、疲れを感じた際に適度に繰り返すと効果が高まります。
近頃は朝晩の一層冷え込みが厳しくなり、ついつい肩を竦めがちです。そうすると、より肩首周りが強張っていってしまいます。ネックウォーマーやマフラーなどをして、頚周りを冷やさないよう心掛けてください。
調布駅前整体院では骨盤矯正により、肩こりの原因の1つともなる身体の歪みを整えていきます。肩こりの解消は勿論、なりにくいお身体づくりのために、調布駅前整体院をぜひご利用ください。