つらい肩こり。ひどくなってくると、慢性的な肩こりに加えて手のしびれも出てきてしまう場合もあります。
もしそのような症状が現れた場合、原因はストレートネックにある可能性があります。
本来、首は横から見てみると前にカーブを描いています。しかし、ストレートネックは、そのカーブが消えて真っ直ぐになった状態です。その原因として、1つはデスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることが上げられます。首の骨が伸びた状態が続くと、首への負担が通常よりも多くかかるようになります。負担が続くことで真っ直ぐの状態が癖づいてしまい、ストレートネックになってしまいます。
頸椎が真っ直ぐに伸びてしまうと、無数の神経が圧迫されます。結果、肩・頸のこり以外にも手のしびれなどの症状まで現れてしまうのです。
ストレートネックの解消法の1つに、毎晩首と布団の間に棒状に丸めたタオルを置いて眠る方法があります。このことにより、本来の首の骨のカーブを取り戻すことが可能になります。
また、特定の筋肉のこりが原因の可能性もあります。
しびれが指の付け根から腕の内側にかけて出てきた場合、斜角筋のこりによるものが考えられます。首のストレッチを行い、斜角筋をゆるめてみましょう。
肩~上腕がしびれる場合には、肩甲骨周りが原因になっている可能性があります。肩甲骨のストレッチを行い、可動域を広げましょう。
筋肉の緊張がゆるめば、血行も改善されこりやしびれの軽減・解消ができます。しかし、そもそもこりの原因が解消されないことには根本的な解決には至りません。
調布駅前整体院では上記の理由から生じる肩のこりや手のしびれにも対応しております。気になる手のしびれにお悩みの際は、ぜひ一度ご相談ください。お待ちしております。