腰痛は4足歩行から2足歩行へと進化を辿る過程で獲得した、人間にとって宿命的ともいえる痛みだとも言われています。一般的に30代以降から老化が開始するとされています。中高年以降で腰に痛みや違和感を覚えた場合、多くは腰椎や椎間板と神経などの病気だと考えられます。まず、考えられる原因の一つに『椎間板ヘルニア』があります。老化すると椎間板は軟骨部分の水分が減り厚みも失い、弾力性が無くなっていきます。椎間板がやせ細っていけば、背骨の骨同士で摩擦が生じやすくなります。不安定になった脊椎骨を支えるために骨成分が変化し、トゲ状の骨棘に変化します。これが脊椎骨の中を走行する神経を圧迫し、強い腰痛等を引き起こすのです。
X線検査などでそれらの部位に原因を発見できなかった場合には、筋肉の過緊張による痛みの可能性もあります。腰は上半身と下半身を繋ぎ、上半身全体を支える骨盤との間に位置します。そのため、ただ単に歩いているだけでも腰には強い負担がかかっているのです。長年溜まりに溜まった疲労のせいで、慢性的に筋肉の緊張状態が続いてしまいます。それが、痛みの発生に繋がっていると考えられるのです。
特に、筋肉の緊張成分が溜まった状態で前屈みで重い物を持ち上げようとした途端、激痛が走ることが良くあります。これが所謂『ギックリ腰』です。これはまず筋肉の急激な過緊張によって血管の急な収縮が生じます。しかし、充分な酸素が供給できないため、強い痛みとして感じてしまうのです。この症状は今のように寒い時期になりやすいため、特に注意が必要です。
他の腰痛の増悪要因には、身体の歪みも挙げられます。身体に歪みがある場合、腰に過度な負担が集中しやすくなります。上半身と下半身とを繋ぐ筋肉で、腸腰筋という筋肉は身体の軸を固定しているインナーマッスルです。この筋肉の筋力が低下すると、基本姿勢が悪くなってしまいます。加齢によって筋力が落ちると身体の歪みが更に進んでしまい、腰痛が悪化してしまいかねません。
腰は2足歩行において要ともいえる部分であり、数多くの体内組織が関係しています。考えられる原因の内、自分の腰の痛みが何に因るものかを把握することから、痛みの改善を始めていきましょう。
調布駅前整体院では腰の痛みの原因となる身体の歪みを骨盤矯正により整えていきます。ぎっくり腰の痛みを和らげる施術もございますので、お気軽にご相談ください。つらい腰の痛みに、調布駅前整体院をぜひご利用ください。