最近はウォーキングやランニングなどを週末に行い、運動する方が増えてきました。通勤時に使いやすいスニーカーも発売されており、生活の中で身体を動かす機会を作りやすくなってきています。
しかし、車移動が多い方や、パソコンでの仕事が中心の方など、中々その機会が作れない方が多いのも現状です。特に事務職などで終日机に向かっている場合、夕方になると足が浮腫んでしまうとお悩みの方も少なくありません。

人体に存在する筋肉の内、半分以上は下半身にあるというのはご存知でしょうか?一説によると、なんと70%もの筋肉が下半身に存在しているのだそうです。また、足の筋肉はポンプの機能を果たし、足に流れてきた血液やリンパなどの体液を身体全体に循環させています。『足は第二の心臓』だと言われるのはこの機能に因るものです。
以上のことを考えると、下半身の筋肉を動かす機会が少なくなる程、体液を心臓に返す力が足らなくなってしまいます。

運動の中でも下半身を中心としたものを行うことで、筋肉が伸縮し血液循環が促進されます。静脈の流れを利用してリンパも流れていますので、結果体液の巡りも良くなります。
特に寒くなるこの時期は運動不足に陥りがちです。また、そもそもどういった運動を取りいれればいいのかが分からない、という方も少なくありません。
調布駅前整体院では、そういった運動不足の悩み解消もサポートしております。京王線調布駅東口徒歩1分と、お仕事やお買いもの帰りのついでに立ち寄りやすい立地となっております。骨盤矯正により身体の歪みを整え、身体の循環能力を高めて自然治癒力を引き出す施術も行っております。運動不足にお悩みでしたら、一度調布駅前整体院にご相談ください。