頭部は人体の体重の約10%もの重さを持つともされています。その頭部を支え続けている頚は、当然ながら常に負担がかかっている状態です。
特にパソコン仕事が主になるデスクワークが多いと、常に前傾姿勢になってしまいがちです。そうなりますと、姿勢が悪くなり、知らず知らずの内に猫背になる座り方をしている可能性が高くなります。また、キーボードを打つなどの指先を繰り返し使う作業も多く、頚から腕にかけて筋肉の疲労が溜まりやすくなります。
また、頚部には脳に向けて血液を運ぶ重要な役割を持つ血管が多くあります。頚の筋肉が緊張すると血行不良になりやすく、脳への血液供給量も少なくなってしまいます。そうなると、集中力が落ちてしまうなど、仕事の作業効率の低下にも繋がりかねません。鍼灸院や整体院などに通院し、施術を受けて身体のメンテナンスをするのがおすすめです。ですが、時間がなくなかなかそういった治療院に通うのが難しいからとお悩みを抱えたまま過ごしている方も多いのではないでしょうか。
そんな時には、日常に取り入れやすい簡単なエクササイズを行ってみてはいかがでしょうか?気になった時に小まめに行うことで、頚の不調の緩和や改善が見込めます。仕事の合間にもできる簡単なエクササイズですので、頚がつらくなってきたと思ったら行ってみてください。
まず椅子に座った状態で、視線を正面にあるものに固定します。そして、視線はそのままにして頭を左右に1回ずつ捻りましょう。この動作を2、3セット行います。
次に、椅子に座った状態で肩の力を軽く抜きます。そのまま頚を伸ばすようなイメージで顎を前へと突き出し数秒停止します。その後、顎を徐々に後ろに引いていくようにして、元の位置に持っていきましょう。この動作を数回繰り返します。
そして、顎を前にゆっくり突き出してから元の位置まで戻し、そこから更に顎を天井に向けて突き出していきます。この動作も2、3セット行い、その後に耳を肩につけるイメージで頭を左右に倒します。
最後のエクササイズは、直立した状態で行います。肩の力を軽く抜き、両肩を天井に向かって徐々に引き上げ、ゆっくり下ろしていきましょう。この動作は15回程度を目安に、あくまでも無理のない範囲で行ってください。
これらのエクササイズで、お仕事などで生じた頚のこり対策を日常的に行っていきましょう。
調布駅前整体院では日々の生活で生じた身体の歪みの矯正を行っております。頚のこりの原因ともなる身体の歪みを骨盤矯正により整え、不調を緩和・改善していきます。施術後に現在のお身体の状態や上記のようなエクササイズもお伝えしております。頚のこりにお悩みの際は調布駅前整体院にご相談ください。