肩だけでなく、ひどくなると頭痛や眩暈なども引き起こす酷い肩こり。毎日のようにこういった肩こりの諸症状に悩まされている方は少なくありません。
そんな時は、仕事や家事などの合間に肩こり解消エクササイズを行ってみてはいかがでしょうか?自分でエクササイズをしてもなかなか効果がでず、途中で止めてしまうという声もあります。しかし、それは肩こりの解消に重要な筋肉を伸ばしていないか伸ばさなくても良い筋肉を伸ばしていることが主な原因です。間違ったエクササイズを続けていると、余計肩こりが悪化したり、こりが出やすい身体になりかねません。
今回おすすめする合間の時間に行えるお手軽エクササイズ1つ目は『ばんざい肩すくめ』です。肩こりの原因となる、がちがちに固まった肩甲骨周りの筋肉をほぐすエクササイズです。まず最初に、ゆるく力を抜いた状態で両手を持ち上げます。この際、指や手首・肘など腕の節々の関節を伸ばしきらないように、ふわっと上げましょう。次に、両肩をまっすぐ天井へ向けて引き上げてください。この時、頭が前に出やすいので注意しましょう。顎を引くと顔が前に出にくくなります。そして、無理な力は入れずに両腕を上げたまま耳に近づけていき、その後、ゆっくりと肩を下ろしていきます。これを大体1日に15~20回を目安に行ってみてください。このエクササイズを始めたばかりには、肩甲骨付近からゴツッゴリッという音がする場合があります。肩甲骨周りの筋肉の緊張が解消されていくと、音もしなくなりますのでご安心ください。
お手軽エクササイズ2つ目は朝起床時や夜就寝前に行うのがおすすめな『猫のように伸びるポーズ』です。まず、布団の上で四つん這いの体勢を取りましょう。次に、その状態から腕を前に伸ばしつつ顔と胸を布団につけるようにして身体をゆっくり沈めていきます。同時に猫が伸びをするよなイメージで、斜め後ろにお尻を突き出してください。肩に力が入って呼吸を止めてしまわないよう、極力身体の力を抜いてこの状態を20~30秒保ちます。そして、徐々に四つん這いへと戻していきます。このエクササイズを朝晩2~4回行ってみてください。
どちらのエクササイズもやっている最中や途中で違和感や痛みが出てきた場合には、無理に続けずにその場で中止してください。
エクササイズに加え整体も行っていくことで、根本的に肩こりになりにくい身体つくりを目指せます。調布駅前整体院では肩こりの原因となる日々の生活習慣習慣で生じた身体の歪みを整える施術を行っております。カイロプラクティックに基づいた施術により、身体の土台となる骨盤を矯正していきます。つらい肩こりの根本的解消に、調布駅前整体院をぜひご利用ください。