睡眠時間をしっかり確保したのに眠りが浅く、日中眠くて仕方がない。そんな睡眠に関してのお悩みをお持ちの方は少なくありません。日の光を浴びていない、スマホなどの画面を見る時間が長いなどで概日リズムが狂っている可能性もあります。ですが、ひどい肩こりによって自律神経が乱れていることもその一因かもしれません。
こりは筋肉の緊張状態が長時間で続くために発生します。肩こりであればデスクワークなどで長く同じ姿勢を維持していると、筋肉が緊張し血行が悪化します。その結果、伸縮性も低下してしまうのでより筋肉の強張りが増し、肩のこりとなって現れるのです。
自律神経が正常な状態であれば、休息時には気分をリラックスさせる副交感神経が優位になり熟睡できます。しかし、肩のこりなどでこの切り替えがうまくいかなくなる場合があります。そうなると交感神経が優位なままになってしまいます。そのため、眠りたいという気持ちに反してなかなか寝付けず、眠りが浅くなってしまいます。
この状態の解消として、湯船にゆっくり浸かるという方法があります。入浴は自律神経失調症などの改善にも効果的だとされています。睡眠2時間前を目安として、38~40℃ぐらいの少しぬるめのお風呂に20分ほどのんびり浸かりましょう。入浴すると副交感神経が優位になるため、自律神経を切りかえる刺激になります。身体を温めることで血行が良くなり、肩こりの改善にもつながります。さらに身体の深部体温を睡眠2時間前に上げた後自然に下がることで、身体が休息モードになって眠りやすくなります。浮力効果として、身体全体の疲労回復も期待できます。
お風呂上がりは、交感神経を優位にさせるパソコンやスマホなどのブルーライトの光はなるべく見ないようにしましょう。温かい飲み物を飲んだり好きな音楽を聴いたりするなどして、ゆったり静かに過ごすことも大切です。
眠りが浅い原因ともなる肩こりは身体の歪みを整えることでも解消できます。調布駅前整体院では骨盤矯正を行い、身体の歪みを整えて肩こりの改善・解消をお手伝いいたします。歪みが解消されることで巡りも良くなり、体質改善や疲労回復にも繋がります。日常で行えるストレッチなど、生活習慣の改善についてもアドバイスさせていただきます。肩こり解消・質の良い睡眠時間の確保に、調布駅前整体院をご利用ください。