現代、スマホやパソコンは仕事にも私生活にも欠かせないものとなりました。そこで多くの人が抱えているのが、スマホやパソコンの使用により生じる頚のこりというお悩みです。スマホやパソコンを使用している際の姿勢を思い出してみて下さい。頚から曲げた状態で画面を見つめ、集中しているために瞬きもかなり少ない回数になります。目が乾いた所謂ドライアイの状態になり、目はかなり疲労してしまいます。長時間画面を見つめていれば眼精疲労が蓄積し、頚周辺の筋肉の緊張度も増していきます。特に頚のこりの原因となるのは、前斜角筋という筋肉の肥大です。また、手元や机上の画面を見つめている際は、常に視線が下に向いている状態になります。頭というのはかなりの重みがありますので、視線が下向きになれば当然頚まわりの筋肉等に負担がかかります。結果、身体に歪みを引き起こしてしまうのです。
普段の姿勢によって身体の歪みは起こっていきます。スマホやパソコンの長時間の使用は、眼精疲労や頚・肩のこり、頭痛や腰痛などの原因となります。特に、前斜角筋は位置的にストレッチがなかなかしにくい筋肉です。疲労回復の術が少ないことからも、前斜角筋に負担をかけないよう心掛けなくてはなりません。適宜休憩を挟み、作業中の姿勢を整えるだけでも、症状の改善が見込めます。
凝ってしまった場合の対処法としては、肩のストレッチがおすすめです。筋肉がほぐれることで、肩から頚にかけて強張った筋肉が緩んでいきます。また、入浴時には目の周りを温め、目の疲れを緩和することも効果的です。
ちょっとした意識で姿勢なども好転し、小まめに休憩を入れるタイミングにも気が付くようになります。実際、頚のこりなどが悪化すると症状の改善や解消は難しくなっていきます。悪化させない為にも、普段からのちょっとした心がけが大切です。
調布駅前整体院ではカイロプラクティックを用いた骨盤矯正により、頚のこりの原因となる身体の歪みを整えていきます。眼精疲労からくる諸症状に、ぜひ一度調布駅前整体院をご利用ください。