カプサイシンとは唐辛子の辛味を出している成分であり、摂取することで神経を刺激して痛み(辛味)を感じさせます。
カプサイシンの効果として挙げられるのが、体内のエネルギー消費を促進させるということです。体内に取り込まれたカプサイシンは、中枢神経を刺激することによって、副腎皮質からアドレナリンなどのホルモンの分泌を促します。これによって脂肪分解酵素のリパーゼが活性化され、エネルギー代謝が盛んになります。そして体内に貯蔵された脂肪の分解が進むのです。
唐辛子を含む食品を食べた後に体が熱くなったり、汗をかいたりするのは、この作用によるもので、運動した時と同じように熱エネルギーとなって体外に放散されます。さらに毛細血管を収縮させて心臓の動きを活発にしますが、これによって血圧の上昇作用はあまりないことが報告されています。これらのことから、カプサイシンには、新陳代謝を活発にすることによる肥満予防効果があるとされています。

その他にも、食欲を増進させる、胃腸の健康増進、生活習慣病予防効果などもあります!

ただ、注意点もあります。
カプサイシンは刺激の強い成分ですので、過剰摂取には注意が必要です。1回の食事で唐辛子を使用する量は、粉末状の唐辛子で大さじ1/4杯、鷹の爪では1本、豆板醤やコチュジャンを含む唐辛子調味料は小さじ1杯程度が適量の目安とされています。適量であれば胃を活発にしてくれますが、量が多いと胃を痛める原因になります。アドレナリンが適量であれば代謝も向上して脂肪燃焼につながりますが、多いと脳にダメージを与えてしまいます。
大量摂取に気をつけて適量を、食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

「唐辛子 イラスト」の画像検索結果