パソコンを長時間見ていると、どうしても頸に負担がかかってしまいます。普通パソコンを見る姿勢は軽い前傾姿勢となりがちです。そうなりますと、緩やかに曲がった頸椎がまっすぐになったままの状態で固まってしまいます。これをストレートネックといいますが、頭の重みが頸へと直にかかってしまいます。その結果頸が凝り、無性に疲れを感じるようになります。
頸の疲れは全身に影響が及びます。頸は重い頭を支えている上に、重要な神経が走っているからです。頸の異常で、頭痛、不眠、肩こり、目の異常、手足のしびれ、めまい、時には内臓にまで症状が出ることがあります。
もしパソコンを長時間する場合は、時々休む、ストレッチをするなど、できるだけ無理をかけないようにしましょう。
パソコンの使用だけで頸が傷ついたり頚椎がずれるということはあまり多くありません。ですが、それでも時間が経過するうちに疲れやコリが取れなくなる恐れがあります。
そんなときには、調布駅前整体院にお越し下さい。骨盤矯正により身体の歪みを整え、頸椎かかっていた負担を軽減・解消していきます。電気治療器による施術により、深部のコリをほぐしていくことも可能です。頸がこるとその周辺の筋肉にも緊張が出てしまいます。もみほぐしの延長も承っておりますので、よろしければご利用ください。
ご自分の力で対処できないつらい頸の痛みやコリに、調布駅前整体院をぜひご利用ください。