無理な体勢で荷物を持つなど腰に大きな負担がかかると、突然腰を痛め腰痛を発症することがあります。普段は腰に全く問題が無くても腰痛が発生する恐れがあります。腰痛の予防には、無理な体勢で荷物を持たない、重い荷物を持つ際には脚力を使うよう心がけるなどが重要です。万が一痛めてしまった場合は湿布薬と安静が必須とされます。ですが、腰痛の原因によっては即効性のあるエクササイズも存在します。
腰痛の原因がぎっくり腰や椎間板ヘルニアにある場合は、腰を反対方向に反るエクササイズが有効です。床の上でうつ伏せになった状態で両肘をつき、上体を起こします。そのままの体勢を深呼吸しながら数分間維持しましょう。もし腰の片側が痛い場合は、痛い方の腰を引き痛くない側の上体を起こします。上体を反る姿勢に慣れたら両腕を伸ばして更に体が反るような姿勢をし、これを5~8セット行います。
立った状態で行う場合は脚を肩幅よりやや広めに開き、両手を腰にあて膝を伸ばします。この状態で徐々に後方へと反り数秒間姿勢を維持します。腰を反ることで痛みが増す場合は、このエクササイズは向いていないのですぐに中止しましょう。
腰痛の原因が大腰筋の緊張状態にある場合は、以下の方法が有効です。仰向けに寝た状態でかかとを伸ばし、内側と外側へ捻ります。続いてつま先を伸ばした状態で、やはり内側と外側へ捻ります。いずれも無理はせず、少しでも痛みを感じた場合は止めましょう。このエクササイズでは大腰筋の緊張状態をほぐす効果があるため、痛みが和らぎます。
エクササイズを行っても痛みが残る場合は、早めに受診しましょう。また、上記は痛みの解消には役立ちますが、その根本的な原因解決にはなり得ません。
腰痛は普段の生活習慣でもそのリスクが高まります。長時間のデスクワーク等で身体に歪みが生じ、結果腰痛を発症してしまうことも少なくありません。
調布駅前整体院では骨盤矯正により身体の歪みを整え、腰痛になりにくいお身体つくりをサポートいたします。腰痛になってしまった際にもほぐしや電気治療器により強張りを解消し、痛みを軽減させる施術もございます。腰の痛みの予防に、調布駅前整体院をご利用ください。