スマホの著しい普及に伴い、現代では多くのユーザーがスマホ依存かその予備軍とされています。依存による弊害にはブルーライトによる目への負担や精神的な部分への影響など深刻なものが多くあります。身体の関節に対しても見過ごせないデメリットがあるのです。特に負担の大きな部位としては頸や腰の関節が挙げられます。中でも頸は画面を見る際にずっと同じ状態で固まってしまうために、一段とコリや疲れを感じやすい部分でもあります。そして、怖いのはスマホに熱中し過ぎて身体への負担の自覚が鈍くなってしまうことです。本来なら、人は無意識に体勢を変えたり身体を動かすことでそうした負担を軽くしようとします。反射作用に近いものがあるこの動作ですが、画面に集中し過ぎるとそれさえできなくなってしまうのです。長時間スマホを持てば手首の関節にも痛みが発生する可能性があります。腱鞘炎のような症状が表れる人も珍しくはありません。そんなときに役に立つのが整体の存在です。
調布駅前整体院ではこれらの関節の異常に対し、的確な施術を行い改善の手助けをさせていただきます。骨盤矯正により身体の歪みを整え、関節にかかっていた負担を解消していきます。また、凝り固まった筋肉に対して電気治療器によるアプローチも可能です。
日頃から時折首や腰を回すなどして関節をよく解し、スマホによる関節の痛みを予防しましょう。こりや痛みが発症してしまった際には、調布駅前整体院にぜひご相談ください。