長時間にわたるデスクワークは腰痛を引き起こす原因になります。デスクワークが長時間になると身体が歪んだ状態で長い時間保持されることになり、腰痛になりやすくなります。腰痛にならないためには、時々ストレッチをするのが効果的です。ストレッチは筋肉の緊張をほぐすとともに、体の歪みが固定されていくのを防止する効果も期待できます。
まず、両手をゆっくりと上に挙げて頭のはるか上で握ります。そして、更に両掌を上にしてゆっくりと伸ばしていくようにします。このときのコツとしては、すべての動作を急がずゆっくりとすることが大切です。このストレッチによってこわばった筋肉が解れ、血行も促進されます。腕が真上に上がるのが理想ですが、上がらない場合は真上でなくても大丈夫です。また、痛くなるようなところまで無理に上げる必要はありません。ストレッチの目的は筋肉を解す事と血行を促進する事ですので、無理に伸ばすと逆効果になる場合もあります。腕を上げる時には肩甲骨周りの筋肉が動いていることを意識しましょう。肩甲骨周りの筋肉はデスクワークではほとんど動きません。こうした箇所を意識的に動かすこともこのストレッチの目的でもあります。
次に、腕を上に上げた態勢のまま、ゆっくりと左右に体を曲げていきます。これを数回行いましょう。コツはゆっくりと気持ちがいいと感じるぐらいで行うことです。気持ちがいいということは効いているということでもあります。
調布駅前整体院では日常生活に取り入れられるようなストレッチなどのアドバイスもさせていただいております。デスクワークなどによる腰痛にお悩みの際は、調布駅前整体院にぜひご相談ください。