坐骨神経は梨状筋と呼ばれる臀部の筋肉から太ももの裏を通っていきます。その後、膝の裏で神経が二手に枝分かれするものの、足先まで伸びている非常に太く長い神経です。
そのため、坐骨神経が何らかの原因によって刺激・圧迫されると、坐骨神経痛を引き起こす場合があります。これは腰・臀部から足先にかけて強い痛みに襲われ、痛みを伴う痺れなどの症状が現れるものです。主な原因として、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性腰椎症や脊柱分離・すべり症などが挙げられます。
坐骨神経痛の症状は個人差があり、様々なものがあります。しかし、特に初期段階で現れる腰痛は、就寝時や起床時に痛みが強くなることが多いようです。また、長時間の歩行や立位で腰痛が起こる場合もあるとされています。
そんな坐骨神経痛からくる腰痛ですが、整体が痺れや腰痛などの症状を緩和・改善する有効な選択肢の一つです。調布駅前整体院では坐骨神経痛からくる腰痛に対しての施術を行っております。カイロプラクティックに基づく骨盤矯正や電気治療器など、一人一人の症状に合わせて施術していきます。腰痛を改善していくことで、同時に坐骨神経痛からくる腰・臀部から足先にかけた痺れや痛みも改善が見込めます。施術の効果は個人差があり、初日から実感される方もいらっしゃいます。3・4回目など施術を継続する事で徐々に痺れや痛みが改善し、その後は全く症状が無くなったというお声も多く頂きます。坐骨神経痛からくる腰痛にお悩みの際は、調布駅前整体院にぜひご相談ください。