デスクワークで長時間座っていると腰に負担がかかってしまうため、慢性的な腰痛に悩んでいる方も少なくありません。仕事に集中していると、自分にとって楽な座り方をしてしまいがちです。ですが、その姿勢が長時間続いてしまうと体の歪みを招く原因になってしまいます。
腰痛を予防する座り方において、最も気をつけたいのは姿勢です。文字を書く時背中が丸まる、PC画面を注視して体が前のめりになるといったクセがあると、体の歪みが生じてしまいます。椅子に浅く腰掛けて後ろに寄りかかるような姿勢も、腰に負担をかける姿勢です。
椅子に座って脚を組んでしまうことも、体が歪んでしまう原因の一つです。大抵の場合足を組むことが癖になっているため、組みやすい方の脚ばかりが上になります。そうなりますと、自然に体がねじれて骨盤が歪んでしまいます。ですから、椅子に腰かけると同時に脚を組むことが多い方は、背骨や骨盤が歪んでいる可能性が高くなります。
デスクワークでの正しい座り方は、椅子に深く腰掛けるようにして、背中を伸ばし机と体が平行になるようにして座ります。座った角度の膝の位置は、床にかかとをつけた時に90度に曲がる位が理想的です。膝の位置が下がっていたり高くなっているような時は、椅子を調節して丁度良い高さに設定しましょう。血管や筋肉を圧迫することが少なくなります。慣れないうちは正しい姿勢を続けることが苦痛に感じるかもしれません。ですが、骨や筋肉に負担をかけないので、デスクワークでの腰痛予防と一緒に疲れを軽くする効果も期待できます。
調布駅前整体院ではカイロプラクティックを用いた骨盤矯正により、腰痛の原因となる体の歪みを整えていきます。繰り返す腰痛にお悩みの際は、調布駅前整体院へご相談ください。