同じ姿勢で長い時間仕事をする、ストレスなどの重荷を感じながら生活する。そういったことが積み重なり、肩こりが生じることは少なくありません。同じ姿勢を続けると、頭部から肩の周辺を支えている僧帽筋に極端な負荷がかかります。様々な悪条件が重なる中で、筋肉の緊張とともに酸素や栄養の不足も起こり得ます。結果、乳酸に代表される疲労物質が蓄積するのが肩こりの代表的なメカニズムです。

筋肉の緊張が僧帽筋の範囲に及ぶと、結果的には頭痛の問題を引き起こすことがあります。これは緊張型の頭痛と呼ばれる問題で、デスクワークを続けている人にも多く見られる形態です。さらには、眼精疲労の症状を伴うこともあります。そのため、デスクワークの途中に適度な休憩時間を作り、筋肉の緊張を緩めることが欠かせません。

肩こりが特にひどくなるのは、血行が鈍化するためでもあります。この問題を解決するために、お灸を使ってツボを刺激する方法も効果的です。湯船に入って血行を良くし、湯上がりにマッサージやストレッチをして筋肉の緊張を開放するのも良いでしょう。

また、猫背の状態で同じ姿勢を続け何の改善策も取らない場合、体の歪みを生じる可能性もあります。こうなると特別に運動をしていなくても疲れが取れにくくなり、肩こりの問題が長期化してしまう原因になります。体の歪みを矯正するためには、ストレッチやヨガなどの方法を取り入れたり、整体に通うなどして対処するのがおすすめです。

調布駅前整体院ではつらい肩こり解消のお手伝いをさせていただきます。カイロプラクティックを用いた骨盤矯正により、体の歪みを整えていきます。肩こりやそれの伴う症状にお悩みの際は、ぜひ調布駅前整体院へお越しください。