眼精疲労と頚のこりは密接に関係しています。眼精疲労が断続的に続くと、目の違和感に加えて全身にも影響が出てきます。そうなりますと、日々の生活の質を落としてしまうことになりかねません。

この眼精疲労が起こる原因は様々なものが考えられます。その中の一つとして前斜角筋の影響が上げられます。前斜角筋は頚にある筋肉で、頚を支える重要な役割を担っています。デスクワーク等で前かがみの姿勢が長時間続き、歪んだ姿勢で過ごしていると前斜角筋が疲労して頚のこりを感じます。この頚のこりが結果的に目の疲れに繋がります。頚のこりをその時点で自覚する方は意外と少ないです。そのため早期にこりを発見することができず、結果として症状が重くなってしまう傾向があります。また、前斜角筋にこわばりがあると身体の歪みに繋がります。身体の歪みは新たな不調を次々と呼びこみます。目の疲れだけではなく必要以上に日光をまぶしく感じたり、目やにが出たりすることもあります。ドライアイも悪化してしまう可能性もあり、筋のこわばりや身体の歪みは早期に解決する必要があります。解決策として最も確実なのは専門家に診てもらうことです。そうすることによって、症状が緩和され、治る可能性が高まります。普段の生活の仕方も変えていかなければなりません。デスクワークなどの頚のこりを誘発する仕事についている場合は、適度にストレッチを取り入れていきましょう。日常的に行うことのできるものを習慣づけることが大切です。
調布駅前整医院では眼精疲労の原因ともなる頚のこりを解消するお手伝いをしております。カイロプラクティックに基づいた骨盤矯正により、身体の歪みを整えていきます。つらい眼精疲労に、調布駅前整体院をぜひご利用ください。