妊娠は、女性の人生において大きなイベントの一つです。自らのお腹の中で赤ちゃんが成長していき、徐々にお腹が大きくなっていくことは女性にとって大きな喜びを得られることです。
しかし、妊娠中には嬉しいことばかりではなく、様々なトラブルに悩まされる方も少なくありません。人によってつらさは様々ですが、妊娠初期から妊娠中期にかけてつわりが起こることがあります。食べつわりや、吐きつわり、唾液つわりなどで、常に気持ちが悪い状態の毎日を送る妊婦さんもいらっしゃいます。大半の人が妊娠後期になるとつわりが徐々に収まりはじめます。しかし、それと同時に今度は肩こりに悩むといった妊娠さんが増加しています。妊娠中の肩こりの原因の一つとして、ホルモンバランスの乱れが上げられます。ホルモンバランスが崩れているために血行が悪くなったり、自律神経の乱れが生じます。また、お腹が大きくなっていることにより自然と姿勢が悪くなり、全身が凝り固まってしまい肩こりにつながっていきます。同時に、体の歪みも原因の一つです。骨盤が開いてくることにより体の歪みが起きてしまい、腰や肩に負担がかかります。対処法は、肩回しなど軽いストレッチをして全身の緊張をほぐすことです。その他、自宅で家族に肩もみといったマッサージをお願いするなど、こまめに気使うことで改善が期待できます。もし、同じ姿勢で長時間いることを防ぎ、休める時には体に負担がかからないような楽な姿勢でいることを心掛けましょう。
調布駅前整体院ではそんな妊娠中の肩こり解消のためのマタニティーマッサージを行なっております。妊娠中のつらい肩こりにお悩みの際は調布駅前整体院へご相談ください。