女性に多い症状の一つが股関節の違和感や痛みです。
床や椅子から立ち上がるときや長時間歩いたとき、激しい運動をしたときに違和感がある。椅子に座って足が組みにくい、歩き方がおかしい。靴下を履くときや足の爪を切るときが辛い、股関節が鳴るなどの症状がある場合には注意が必要です。
股関節は人体の中心にある大きな関節で、重要な筋肉をつないでいます。しかし、意識して鍛えなければ加齢する毎に衰えていき、硬いと歩き方にも影響が出て腰や膝などに負担をかけかねません。

このような原因によって関節の軟骨がすり減り変形し、違和感や痛みなどを生じる『変形性股関節』を発症してしまいます。
場所が場所ですので、病院に行きづらいと感じる人も多くいます。しかし、異常が長く続くと、骨盤の軟骨と足の軟骨がぶつかりすり減り炎症が起こることで腰痛などを引き起こします。正しく言えば股間と骨盤の骨のぶつかり合いで痛みが生じます。ですが、脳に伝わる途中で腰の神経と混線し、脳が腰の痛みだと認識するため腰痛の原因になると考えられています。
また、痛みによって猫背などになるため美容にも影響が出てきてしまいます。
こんな症状を改善したり予防するためには、鍛えることが重要です。
両足を開いて床に座り膝を曲げて両足の裏を合わせ、両膝を床に押し付けるようゆっくり上下するストレッチも効果的です。
調布駅前整体院では股関節の違和感の原因となる体の歪みをカイロプラクティックを用いた骨盤調整により整えていきます。気になる股関節の違和感解消、悪化予防に、調布駅前整体院をご利用ください。