腰痛対策の一つとして、お尻のこり解消が上げられます。

例えば、冷たい床に直接座る、背もたれに寄りかかるなどをするとお尻のトップがつぶれてしまいます。
そうすると、骨盤が後ろに傾き、お尻のこりの原因となってしまいます。
こりが生じますと筋肉が緊張して硬くなってしまう状態になり、放っておくと筋肉の負担が大きくなります。
結果として、こり以外にもだるさや腰痛、足のしびれなどの症状に悩まされる方も少なくありません。
また、むくみや肩こり、冷え性などの症状も引き起こしてしまいます。
姿勢を良くすることが大切ですが、それ以外の対策として筋肉の緊張をほぐそうと意識することも重要です。
筋肉の緊張をほぐすストレッチの方法としては、まず床に仰向けになったら両膝を立てて両手は頭の下に置きます。
そのまま両膝を左方向に倒して10秒ほどゆっくり呼吸を行います。この時両肩が床から離れないように注意していきます。
次に右方向に倒して同じように10秒ゆっくりと呼吸を行います。
もっと効果的にお尻周りの筋肉を伸ばしたい場合には、倒した時に上になる足のつま先を肩の高さに伸ばすと効果的です。
簡単な方法としてスクワットもよく、右足を前にして足を交差し、足を突き出すようなイメージでスクワットしていきます。
足の裏を床につけたまま屈伸するのがポイントで、左足を前に足を交差させ同様に左右5回ずつだけでも効果が期待できます。
お尻のこりが生じにくい身体の状態へ導く為、調布駅前整体院ではカイロプラクティックに基づいた骨盤矯正を行っております。お尻のこり解消に、ぜひ調布駅前整体院をご利用ください。