肩こりは筋肉の緊張や体の歪みから起こりますので、体の歪みをなくす為にツボを押す事で肩こりの症状は軽くなります。ではどのようなツボがあるのかというとまずは「百会」というツボです。耳介を畳んだ時の最も高い箇所と鼻から頭頂にまっすぐ線を伸ばした交点(大体頭の頂点)で、少し指で押してみるとへこみを感じる箇所にあります。特に精神疲労や眼精疲労から来る肩こりには改善の効果が期待出来ます。次に、百会と並んで万能のツボとも呼ばれている「天柱」というツボです。頭の後ろの髪の生え際、太い頸の筋肉の外側の窪みにあるこのツボは様々な疲労に有効で、親指以外の4本の指の腹で天柱周辺をゆっくり円を描く様に揉むのがおすすめです。三つ目は乳首の線上にあり、肩の山の丁度てっぺんの位置にある「肩井」というツボです。ここを刺激すると肩の周りがほぐれる感覚になります。
めまいにすぐ効くツボはどのようなものがあるかというと、まず「頭きょう陰」というツボです。これは耳の後ろ側にある骨のふくらみの上にあるくぼみの位置にあります。指でさするように動かして刺激すると効果的です。次に、耳たぶの後ろの、付け根の部分にあるくぼみの位置にある「えい風」というツボで、これも同様に指でさするように動かして刺激すると良いでしょう。三つ目は、耳の後ろ側にある骨のでっぱりと首の後ろの中心との中間、髪の生え際で少々くぼんだ箇所にあるツボです。「風池」というツボなのですが、疲労感が溜まった時や頭が重たい時、目の奥がずーんと重く、痛いような時にもおすすめです。

また、首と頭以外にもめまいに効くツボは存在します。例えば、手首の真ん中から指二本分位手前の位置にある「外関」、親指と示指の骨の合流する箇所から少し人差し指よりの位置にある「合谷」は隙間時間に刺激しやすいツボです。電車での移動時間やデスクワークの合間などの気づいた時に、いた気持ちいいくらいの強さでしっかりと押すと効果的です。こうしたツボを刺激する事で筋肉の緊張をほぐし、首や肩周辺のこりやめまいの症状を改善していきましょう!