GWが過ぎ、もうすぐ梅雨時期になりますが、身体の疲れや痛みは出ていませんか?

雨や曇りの気圧の低い日に「頭痛や肩こりが出やすい」、「身体がだるくなりやすい」などを訴える方は非常に多いようですね。
低気圧時はなぜ身体の不調が出やすいのでしょうか?

人間の身体は約60%水分で出来ていますが、低気圧の気候の場合、圧力の低い空気中へ水分が向かおうとし始め、細胞内の水分も外に向かって膨張することになります。
また血管が拡張して血圧が下がりやすくなります。頭の血管が膨張すれば血流の影響で頭痛にもつながります。

気圧が変化すると、人間の身体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。
自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて身体を興奮させる働きがあります。一方、副交感神経は血管を広げて身体をリラックスさせる働きがあります。この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、身体の不調の原因となってしまうのです。

自律神経の乱れを調整するには…
規則正しい食生活をする、適度な運動を心掛ける、リラックスする時間を作るなどがよく言われている方法です。

わかっていても中々できない方が多いと思います。
そこで今日は、この時期に万能なツボをひとつ教えたいと思います。

頭の頂点にある、左右の耳を繋いだ線の延長上に交わる部分に位置する百会というツボです。

このツボは、肩こりや頭痛、眼精疲労、自律神経の乱れを整える効果があります。
精神的な部分から身体が緊張している場合、その緊張を解きリラックス効果が高まります。刺激は気持ちの良い程度にグっと押して離す、を繰り返すと効果的です。

仕事の合間などにぜひ押してみて下さい。

カイロプラクティックも自律神経の乱れの解消に効果的です!