眼精疲労とは、ドライアイや肩こり、頭痛など身体の別の部位に慢性的な不調を引き起こす症状のことで、いわゆる疲れ目の中で重度のものが該当します。パソコンの長時間使用は勿論、コンタクトレンズやメガネの度数がずれている、ストレス、頚のこり、体の歪みなど様々な原因が眼精疲労を発症する引き金となります。放置すると症状はさらに悪化するので、早めに対処しなくてはなりません。

なお、眼精疲労に対しての対策としては、原因となっている環境を改善するのが最適ですが、労働状況によっては思うようにならないケースも少なくはありません。このような場合には、眼科で診断を受けると共に自分でも適切なアプローチをする必要があります。
そこで、オススメなのが日頃気になった際に道具なしで手軽に行えるツボ刺激という方法です。具体的には、頸椎の横の突起部分から鋤骨に伸びる前斜角筋にあるツボを押すというもので、これにより頚のこりが緩和されます。位置的には、耳の下や鎖骨の上あたりなどで、強く痛みを感じる部分に対しては特に丹念にケアするのが適当です。何度も繰り返して押していくうちに、徐々に刺激を感じなくなるので、不調を感じている間は続けるようにしましょう。
ちなみに、前斜角筋以外の部分にも眼精疲労に対して効果的なツボもあるので、特定の部分に対してだけではなく満遍なくアプローチするのが有効です。これに、ストレッチやマッサージなどを加えて体の歪みを改善することにより、さらに症状を軽くする効果を期待できます。
調布駅前整体院ではカイロプラクティックを用いた痛みの無い矯正により骨盤を整え、眼精疲労の原因となる体の歪みを改善していきます。眼精疲労の解消に自分でツボを刺激するのに加えて、調布駅前整体院をうまくご利用ください。お待ちしております。