妊娠中には体の歪みによってあらゆる部分がいたくなることがあります。妊娠初期の頃にはそれほどなのですが、後期になるにつれてどんどんお腹が大きくなっていきます。お腹が大きくなればその分体に負担がかかるようになりますので、体の歪みが出てきたり、腰の痛みが出てくる方も多くいらっしゃいます。

妊娠中にあまりも腰の痛みで眠ることが出来ないのであれば、寝る態勢を工夫して眠るようにするといいでしょう。睡眠不足は体調不良の原因にもなりますので、妊娠中の大事な体を弱らせることになってもいけません。しっかりと眠れるように寝る態勢を工夫して、深い眠りにつけるようにしましょう。
腰の痛みが酷い場合には、あおむけで寝ないことをおすすめします。あおむけで寝ることによって、大きなお腹が腰を圧迫することになり、腰への負担をさらに大きくしてしまうことになります。結果、腰の負担を大きくしてしまいますので、妊娠中に適した態勢は横向きで寝ることです。出来るだけ体の左側を下にして横になり、上半身はうつ伏せ気味にしてみましょう。痛みが左右どちらかに寄っている場合には痛みの無い方を下にして横になってください。足に関しては上部分の膝を曲げた態勢を取ることで、寝苦しさを感じにくくなります。
出来るだけ腰へ負担をかけないようにすれば、腰の痛みを感じにくくなり、眠りやすくなります。
眠り方を変えても痛みの改善が見られない様であれば、調布駅前整体院をご利用ください。妊娠中の方にも安心してお受けいただけるマタニティーマッサージを行っております。「大きなお腹で苦しくて眠れないのは仕方ないのだ」とあきらめる必要は全くありません。ご自身や赤ちゃんのためにもしっかりと睡眠を取れるようにしましょう。