今までは肩こりなど感じたことがなかった人でも、妊娠をきっかけに肩こりになる場合があります。妊娠中に起きる肩こりの原因としては、まずひとつに体の歪みからきている可能性があります。胎児が成長するにつれてお腹が大きくなれば、自然と立った時にはお腹を前に突き出すようなかたちになり、重心が変わってくることになります。重心が変わることによって体の歪みが現れ、肩こりの原因となってしまいます。

また、原因として考えられることはその他にもあります。妊娠中にはホルモンバランスが変化し血流が悪くなることがあります。血流が悪くなれば筋肉も緊張し、当然凝り固まってしまいます。また妊娠による体型の変化に伴い体を動かす機会が減り、結果運動不足になったことで血流低下につながることもあります。肩こりが酷ければ頭痛やめまいにもつながる場合がありますので、出来るだけ早めに解消しなくてはなりません。
血流を改善させるためには下半身を温めるようにするといいでしょう。妊娠中の長湯は危険ですので、足湯で下半身を温めるのがおすすめです。足が温まることによって体全身が温まりやすくなりますので、効果を得やすくなります。直接肩に蒸しタオルを当てて温めることも、じんわりと熱が患部に伝わり筋肉が緩むので効果があります。
血流をよくするのが目的ですので、少しでも良くなるように自分に合うものを試してみると痛みを解消しやすくなります。
調布駅前整体院ではこんな妊娠中のお悩みを解消するマタニティーマッサージも行っております。なかなか解消されないつらい肩こりにお悩みの際はぜひ調布駅前整体院をご利用ください。