階段の上り下りや正座をした時などに膝の関節が痛む人だけでなく、なかには歩くだけでも痛みを感じるという人もいます。膝の関節の痛みは多くの人が抱える悩みのひとつです。膝の関節痛の原因の多くは膝の軟骨の破片が、膝の関節を覆う袋に刺さることで炎症を起こしてしまうのが原因と言われています。関節内に炎症が広がることで、膝の関節痛をまねいてしまいます。

整体などに通院することで痛みを軽減することができますが、頻繁に通えないという時に自宅でできる簡単なエクササイズで膝の痛みを軽減することができます。
膝の関節痛を軽くするエクササイズとして、靴下を履いてゆっくりと足をスライドさせるという方法があります。膝をゆっくりと動かすことで、膝の痛みを軽減させることができるのです。やり方としては、まず靴下をはいた状態で椅子に浅く座ります。1往復あたり5秒ほどのスピードでゆっくりと足を前から後ろにスライドさせます。つま先やかかとは床につけて行っても、浮かせて行ってもどちらでも大丈夫です。寝ながらやる方法もあり、あおむけに寝転がり立膝にした状態で、同じようにゆっくりと動かします。
二つ目のエクササイズ方法として、膝のお皿をストレッチする方法があります。床に足を伸ばした状態で座り、足の力を抜き、膝のお皿が動きやすいようにします。お皿が動くことが確認できたら、上下や左右、斜めに5秒ずつお皿を押します。こうすることで、膝の筋肉や靭帯をストレッチすることができるのです。
どちらのエクササイズも無理をせず、辛くない程度に行ってください。
これはあくまでも自分でできる範囲の軽減策になります。膝の痛みが気になる時には我慢せず調布駅前整体院へお越しください。カイロプラクティックを用いた痛みのない施術により骨盤を整え、痛みの根本原因を解決するためのお手伝いをさせていただきます。お待ちしております。