腰痛を引き起こす原因は様々ですが、姿勢の悪さもその一つです。中途半端な姿勢で荷物を持ち上げたり、悪い姿勢のままキーボードを打ち続けたり、変な姿勢で寝てしまったりすると、思いのほかひどい腰痛に苦しむこととなってしまいます。

正しい姿勢をゆったりと保つことは、筋肉の緊張状態を和らげると同時に骨盤の動きを正常にします。このため、腰痛の原因を抑えるエクササイズを実践すれば自ずと腰痛を改善することができます。
最初に仰向けの状態になり、両腕を肩の高さで開き膝を立てます。両膝をつけた状態で、腰を左へ捻るようにゆっくりと倒し、太ももが床についたところで静止します。今度は反対側に捻り、右脚の太ももが床についた状態で静止、これを10セットから20セット程度繰り返します。
続いて膝を立てた状態で両脚を広く開き、そのまま腰を左側へ回転させ、左膝の外側と右膝の内側が床についた状態で静止しますが、やはり20セット程度行います。
今度は膝を立てた状態で肩幅程度に開き、腰と床の間に隙間が無くなるよう腰を押し込みます。無理に腰を床に密着しようとはせず、出来る範囲で20セット程度実施します。
最後にうつ伏せの状態から両手両膝を床につけ、両膝は立てた状態にします。左足と右手をゆっくりと空中に浮かせ、左脚は後方へ、右手は前方へ伸ばします。このエクササイズは左右について5セット程度行います。
整体でも同様ですが、エクササイズの最中は息を止めることなく、ゆっくりと息を吸うようにします。痛みや違和感が出た場合は無理せずエクササイズを中止してください。
普段のちょっとしたエクササイズでつらい腰痛の改善が見込まれます。調布駅前整体院では日常生活でのアドバイスに加え、上記のようなエクササイズやストレッチもお伝えしております。腰痛を治し、腰痛の出にくい身体の状態を維持していくためにも、ぜひ一度調布駅前整体院へお越しください。お待ちいたしております。