病気や怪我で一番怖いのが素人による誤診で応急処置や治療方法を間違えて症状を悪化させる事です。
特に肩こりや打撲といった仕事等の作業やスポーツで発症する確率の高い症状は、応急処置を間違えやすいことで有名な症状です。

最初に肩こりは筋肉や靭帯を長時間動かさなかったなどしてこれらの組織が緊張状態にあるため、患部をゆっくり動かしたりすることで筋肉を温めてほぐすのが正しい対処方法です。
しかし肩こりと偏頭痛を同時に発症している場合は血液の循環が過剰になって痛みが発生している状態なので、この場合は首や肩を冷やす等して血流を安定させると痛みを抑えられます。そして肩こりは日常生活で肉体に極度の緊張状態を与えて起きる症状になります。日頃の習慣を改善しなければすぐにこりや痛みが再び現れてしてしまいます。
次に打撲についてですが、こちらは肩こりと違い患部が炎症して痛みを発生させているため患部を冷やして痛みを抑えるようにしてください。
もし交通事故やスポーツ等で怪我をすると出血等で組織内圧が上昇し、細動脈の血行障害を併発させさらに筋腱神経組織が破壊され永久に治る事はありません。ただの打撲と思わず必ず医師や整体師の適切な治療を受けることが大切です。
また怪我で過度な内出血を併発すると血液が一か所に集中している状態なため、血液に大量の酸素が必要となり細胞が酸欠状態でどんどん死滅していきます。
この状態になると軽い打撲であっても完治するまで長期間を要するので、自分で判断せずに専門家の診察と治療を受けてください。

つらい症状は我慢したり放置したりせず、ぜひ調布駅前整体院へご相談ください。お待ちしております。