頸が痛くなる原因の一つは、ずっと同じ姿勢を続けていることです。

例えばデスクワークで前のめりになる姿勢を続けていると、その部位の筋肉は硬直したままになってしまいます。すると筋肉が動かないために血流やリンパの流れも悪くなり、体液の循環も悪くなります。筋肉がこわばって神経を圧迫して痛みが出たり、体液の循環が悪くなることで老廃物が溜まって痛みが生じることもあります。
さらに問題なのは、長時間同じ姿勢を続けることです。同じ姿勢を続ければ、常に頸の筋肉が固定されて緊張してしまうために痛みがあらわれやすくなります。
また、最近問題になっているスマホの使いすぎによるストレートネックも原因として挙げられます。スマホの画面を見るために頭を常に下向きにすることで、頸が支える時間が長くなり、筋肉に負担がかかります。また、関節にも負担がかかって痛みが出ることがあります。
肩こりが影響して頸に痛みが出ることもあります。それが派生して頭痛が起きたり、吐き気やめまいといった症状が出てくることもあります。
頸を痛めないよう予防にするためにも、デスクワークやスマホを使う時にはこまめに休憩して頸と体全体をほぐすようにしましょう。軽いストレッチをすると体も心もリフレッシュして、仕事のパフォーマンスも上がります。

自力でとれないような辛いこりには、整体が効果的です。調布駅前整体院では筋肉の弛緩や骨盤の歪みを改善してする施術を行っております。つらい頸の痛みにお悩みの際は調布駅前整体院へお越しください。お待ちしております。