坐骨神経痛。腰から足にかけて伸びている坐骨神経がなんらかの原因により圧迫や刺激を受けてあらわれる痛みやしびれの状態をさします。

ひどい場合には麻痺が起こったり、痛みにより歩行が困難になる場合もあります。年齢が若い時に発症した場合は原因が腰椎椎間板ヘルニアであることが多く、高齢者の場合では腰部脊柱管狭窄であるケースがほとんどです。どちらとも腰椎に異常が発生したことで坐骨神経が圧迫され、腰痛とともにお尻や太ももの後ろ、すね、つまさきなどといった下半身に痛みやしびれの症状が見られるようになります。
腰痛や足の痛みやしびれは、整体で腰のゆがみを矯正することにより、坐骨神経の圧迫が開放され、腰痛や下半身の痛みやしびれの症状が緩和されます。坐骨神経痛に効果的な整体を行うためには痛みやしびれの原因を特定し、根本からゆがみを矯正して整えることが大切です。立ち上がったり、かがんだり、座り続けたりするなどの特定の姿勢や動作を行った時に痛みやしびれがあらわれるけれども、安静にしていれば痛みやしびれが感じられないという神経痛は整体では特に効果が期待できます。

調布駅前整体院では問診にて患者様から詳細な症状をお聞きし、その辛さを緩和していくお手伝いをさせていただきます。お待ちいたしております。