日本国内におけるスマートフォン所有率は50%以上だと言われています。スマートフォンが使う人が増える一方、問題となっているのが「スマホ肩こり」と呼ばれる症状です。

この症状は長時間画面を見続けた事による眼精疲労が原因で起こり、「スマートフォン症候群」などとも呼ばれています。肩こりだけではなく首の痛み・コリや腱鞘炎などの症状が起こる事もあります。以前まで多かった大きな筋肉が原因となる肩こりと違い、スマートフォンを操作する時の細かい動作の繰り返しによって蓄積される肩深部の歪みを、人それぞれのタイプに合わせて解消していくという施術が必要になります。また、操作中の姿勢の歪みからこの症状が生じることもあります。長時間スマートフォンを使用する場合は画面に目を近づけすぎず、こまめに休憩を挟む、時折遠くを見る、ストレッチをするといった対処法で改善される場合もあります。

調布駅前整体院では患者様の症状に合わせた施術を行い、スマホ肩こり解消のお手伝いをさせていただいております。症状をお聞きし、検査をいた上で施術に入らせていただきますので、お悩みの際はぜひ当院へお越しください。自宅でのケア方法のアドバイスなど、アフターカウンセリングもさせていただきます。お待ちしております。