足を組んで座るのがクセになっている方はいませんか?

例えば、右足を上に上げて足を組んだとすると、右の骨盤が後ろにねじれ、左の骨盤が前に捻じれ重心は左に傾いてしまいます。人によって様々ですが、実際はこんな単純ではなく、骨盤はもっと複雑に歪み、その影響で背骨や頸椎も歪みます。

足を組む人の大半がそうですが、どちらか決まった側で足を組むクセがあります。どちらか組みやすい足があるはずです。

このように足を組んでいると骨盤を歪ませてしまい、骨盤は歪んだままもとの位置に戻らなくなります。そして骨盤の上に立っている背骨まで影響が出てきます。

骨盤や背骨が歪むことで、腰痛や肩こりやむくみ、冷え症など色々な症状の原因になります。

同じ側ばかりで足を組むから骨盤や背骨が歪んでしまうのであれば、ひょっとして逆側の足に組み替えると元の位置に戻るんじゃないかと思う方が多いのではないでしょうか?
恐らく、イメージでは足を組み替えると歪んでいた骨盤がリセットされて、元の位置に戻ると思っている方が多いと思います。しかし残念ながらそうゆう訳にはいきません。それどころか逆に歪みがひどくなってしまいます。
一度骨盤が歪んでしまうと簡単にその歪みが元に戻ることはありません。そのため右から左へ足を組み替えると、右の骨盤は歪んだままさらに左の骨盤も歪もうとします。

すると元の歪みはそのままに、新しく違う歪みを作り出してしまいます。

 

足を組む/楽な姿勢/リラックス / フリー素材 / イラスト / ピープル
では歪んでしまった骨盤をもとの位置に戻すにはどうすればいいのか?

それには、歪みを作っている姿勢をやめて正しい姿勢をとることです。自分で簡単に出来るのはこれが手っ取り早いのですが、そんな簡単にはいきませんよね。

そんな時は当院にお任せください。
カイロプラクティックで正しい骨盤の位置に調整していきましょう。
歪みの少ない状態の方がもちろん姿勢は保ちやすいのです。
さらに骨盤を歪ませる姿勢には足を組む以外にも、

横座りをする
あぐらをかいて座る
猫背の姿勢で長時間座る
片方に重心を乗せて立つ
片側ばかりで荷物を持つ

などがあります。
ご自身の生活を振り返ってみて、上に挙げた骨盤を歪ませる姿勢をとっているようでしたら、今日からその姿勢はやめてみて下さい。