まだまだ寒い日が続きますが、家ではどのように過ごしていますか?
もったいないからと暖房をあまり使わない、面倒だからあまり着こまない、
ようなことはしていませんか?

寒さによって身体が冷えてしまうと

1.胃・肝臓など内臓へのダメージ
2.免疫力の低下
3.自律神経の乱れ
4.手の指のひび割れ
5.しもやけ

等の影響が出てしまうことがございます。

つまり、身体が冷えたままだと

・吐き気がする
・身体が震えてくる
・風邪をひきやすくなる
・イライラや気分の落ち込みが出てくる
・皮膚がカサツク

のような症状も出てきてしまう恐れもありますので、身体を冷やさないよう
暖房等を使ってケアを行う必要があります。また、寒さは窓から入ってくる
ことが多いのでカーテンや断熱材を使用するのも有効です。

もちろん、カイロプラクティックで自律神経のバランスを整えることで内臓
への働きかけも有効です。