寝て朝起きた時に腰痛が起きる原因の多くは腰の筋肉が硬くなってしまっているからで
す。

朝、起き上がろうとした時や寝返りを打つ時に収縮するはずの筋肉がうまく動かない為
に痛みが起きるのです。

筋肉は動かすことによって柔軟性が保たれますが、動かさないとないと硬くなって柔軟
性が落ちていきます。特に寝ている間は、身体を動かさないので筋肉が硬くなりやすい
のです。

その為、朝布団から起き上がる時は、まず布団の中で両股関節と膝を曲げて、曲げた膝を左右交互に何回か倒して腰から下肢の筋肉を刺激してから起き上がるようにしましょう。そうすることで、痛めるリスクを減らすことが出来ます。

「睡眠 イラスト 無料」の画像検索結果

次に寝るときの姿勢なのですが、反り腰の方は長時間仰向けで寝ると痛みが強くなる方が多いです。
上半身と下半身をつなぐ大腰筋という筋肉が腰椎から骨盤を通って大腿骨までつながっ
ているのですが、仰向けで足をまっすぐした状態で寝ると骨盤が前に傾き、大腰筋の収
縮によって腰椎の前弯が強くなる為です。
その場合は、股関節と膝を曲げることによって骨盤が後ろへ傾き大腰筋の収縮がなくな
り腰椎の前弯も弱まります。
反り腰の方は膝の下にクッションなどを入れて、寝ている態勢で腰が反らないようにす
ると痛みが出にくくなります。
もし仰向けで寝て腰に傷みが出るような状態だったら、横向きの態勢になりましょう。
本来、反り腰の方は横向きの姿勢で腰が反らないように背中を丸めて寝ている方が多い
とです。
ただ、肩の高さの分だけ枕を高くしておかないと頚を痛める可能性が高いので注意です

逆に腰椎の反りが少ない方の場合も仰向けで寝ると腰が痛くなる場合も多いです。
腰椎の反りが少ない場合は骨盤が後傾が強く、仰向けで寝ると骨盤が前に傾こうとする
ので、仰向けで寝ると違和感が出て寝ていられないことがあります。
そんな時も膝と股関節を曲げると楽かもしれません。

痛みや違和感を感じる状態で、睡眠を取ると交感神経優位になり、身体に力が入りやす
くなります。
リラックスできない状態で寝ても疲れが抜けにくく、身体も痛めることになります。

骨格や筋肉の張り、症状によって、適した寝る時の姿勢は異なってきますので、まずは
楽な姿勢、寝やすい姿勢を見つけてみて下さい。