頚部と頭部をつなぐ筋肉の中に後頭下筋群(上頭斜筋、下頭斜筋、大後頭直筋、小後頭
直筋)という、その名の通り頭の後ろにある筋肉です。
日常生活で後頭下筋群は目線をまっすぐに保ち、身体のバランスを調整する作用や、頚
を動かす作用があります。

後頭下筋群が緊張すると、その表面を覆っている僧帽筋という後頭部からから背中に向
かって付着している筋肉まで緊張しやすくなり、そうすると頚や肩、背中全体が凝りや
すくなります。

また、後頭下筋群がある所には頭や目、耳の領域を支配する神経が密集しているため、
筋肉が緊張し圧迫されるとズキズキとした頭痛、目の疲れやかすみ、耳鳴りなども併発
しやすいです。

最近、後頭下筋群が緊張しやすい方が増えています。なぜでしょうか?

最も大きな要因となるのが、「スマホ」「長時間PC作業」などです。

両者共に、目線が自然と下向きになり、頚の後ろにある後頭下筋群が頭の重みで筋肉は
ぐっと縮まって緊張状態が続きます。

後頭下筋群は頭を固定する役割を持つ一方で、眼の動きと共に働きます。

同じのものを見続けることでも作用します。
パソコンの画面を左右に視線を移す動作では、頭の位置の固定と眼も動かしているので
更に負担がかかります。

下向きでスマホをいじっている方は、目線の高さまで上げてみて下さい!
まずはここから始めましょう♪

「スマホ首の痛み イラスト 無料」の画像検索結果