巻き肩の多くの場合、背中や肩甲骨周りの筋肉は弱り、逆に胸や首のつけ根周りの筋肉は緊張状態にあります。
筋肉が動く範囲も狭くなっているため、まずは筋肉をほぐして十分な可動域を保つことが重要です。伸ばす筋肉は主に大胸筋と呼ばれる筋肉です。
そこで今日は大胸筋(上部~下部)のお手軽なストレッチをお伝えします。

〇大胸筋のストレッチ

胸の上部の筋肉は大胸筋上部繊維で鎖骨から腕にかけてついている筋肉で、筋肉の作用は腕を前方に運び、斜め上方に動かします。

1.立ち姿勢で柱や壁のようなもののやや斜め前の横に立ちます。
2.右肘を胸の高さより斜め下に下げ、後方に伸ばし柱をしっかり持ちます。
3.肩甲骨を寄せ、胸を張るようにしながら体を正面に戻すか、左に向くようにします。
(肩甲骨はしっかり寄せないと伸びにくくなるのでしっかり寄せましょう。またこの時お腹をへこまし、腰が反らないようにします。)

4.痛気持ちいいくらいで留め、30秒程キープしましょう。

胸の中部の筋肉は大胸筋中部繊維で胸骨と上腕骨についている筋肉です。
作用としては、腕を前方に真っ直ぐ持っていく動きをします。
1.立ち姿勢で柱や壁のようなもののやや斜め前の横に立ちます。
2.右肘を胸の高さに挙げ、後方に伸ばし柱をしっかり持ちます。
3.肩甲骨を寄せ、胸を張るようにしながら体を正面に戻すか、左に向くようにします。
(肩甲骨はしっかり寄せないと伸びにくくなるのでしっかり寄せましょう。またこの時お腹をへこませ、腰がそらないようにします。)

4.痛気持ちいいくらいで留め、30秒程キープしましょう。

胸の下部の筋肉はみぞおちのあたりと上腕骨についている筋肉です。作用としては、腕を前方の斜め下へ持っていく動きをします。

1.立ち姿勢で柱のようなもののやや斜め前の横に立ちます。
2.右肘を胸の高さより上に挙げ、後方に伸ばし柱をしっかり持ちます。
3.肩甲骨を寄せ、胸を張るようにしながら体を正面に戻すか、左に向くようにします。
(肩甲骨はしっかり寄せないと伸びにくくなるのでしっかり寄せましょう。またこの時お腹をへこまし、腰が反らないようにします。)

4.痛気持ちいいくらいで留め、30秒程キープしましょう。

壁があれば出来るストレッチなのでぜひ試してみて下さい!!