寒くなると体内から熱を逃がさないようにするため肩など、全身の筋肉
が強張らせていますが、強張る動作自体が筋肉を硬くしてしまうため、
肩こりや腰痛の身体の痛みや頭痛やめまい等を起こす要因にもなりか
ねません。

121677
そこで、寒さ対策として普段着ている洋服に着目したいと思います。

寒さ対策の基本は

①4つの「くびれ」を冷やさない
②身体の先端部分をしっかり温める
③着脱しやすいアイテムを選ぶ

の3つになります。

①の4つのくびれは
『首』 『ウエスト』 『手首』 『足首』
になります。それぞれに太い血管が通っている為で、血管が冷える
と冷たい血液が全身にめぐるため、身体が冷えてしまうのを予防す
る為です。

②の身体の先端部分についても①と同様に血管が冷やさないようにする
為にも温める必要があります。

③につきましては、温かい部屋で汗をかかせ無いようにすることです。
厚着のままで室内にいると汗をかいてしまうため、その状態で外に
出ると風邪を引きやすくなるので、直ぐ脱ぎ着出来る風にし汗をかか
無いようにすることが重要となります。

上記の内容を念頭に入れながら寒い季節をのりこえましょう。