腕を上に挙げようとしたが肩が痛くて挙げられなかったことはありませんか?
もしかしたら、ただの肩こりではなく四十肩五十肩によるものかもしれません。

四十肩、五十肩は医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれるもので名称は異なり
ますが、症状は同じになります。

379517

発症する症状によって「急性期」と「慢性期」とありそれぞれ、対処方法も
異なります。

急性期は、肩の部分の炎症がひどくなっている状態ですのでまずは安静にして
痛みが出るような動作をしない事です。また、氷や保冷剤、冷シップで冷やす
ことも効果的です。
慢性期になると日常生活をする上では痛みを感じることも少ないのですが無理
な動きや急な動きをすると痛みが出てくることがあります。これは筋肉が固く
なってしまい、肩の稼働範囲が少なくなっていることで痛みが発生しておりま
すので、慢性期に入った際には安静にせずに肩を動かしたりストレッチを行って
筋肉の張りを減らしていくことが重要になります。また、ホットタオルやカイロ
などで温めることも効果的です。
但し、動かす際は痛みが出ない範囲で行うようにしてください。痛みが出ると
身体が緊張し、筋肉も硬くなってしまうからです。
当院では骨盤や首の調整の他に肩関節部分の調整やストレッチも行っていますので
肩が持ち上がりづらいと感じているのであれば一度確認されてはいかがですか?