妊娠、出産、授乳と産前産後の時期は腰が痛いと言われる方が多いですが、
なぜ、痛みが出てくるか分かりますか?
妊娠中はお腹が大きくなるとその分、お腹に重みがかかると同時に腹筋が
伸ばされ続けることで腹筋が弱くなります。反対の背筋はこわばり腰椎は
過伸展し、腰の反りが大きくなる反り腰体型となり腰痛になりやすく
なります。

また、赤ちゃんを抱っこする、つまり前抱きであやしたり移動さることが
多くなります。この前抱きの状態は妊娠中と同じように身体の前側に重み
がかかる状態となり、結果背筋を緊張させてバランスを取ろうとしますの
で反り腰と同じ状態となり、腰痛が続くこととなります。

また、子守をしながら家事を行うとなると、いつも決まった側の腕で抱き
上げながら家事を行う、という状態が続くので併せて左右のバランスが
崩れるという状態になります。

198904
昔は子供を抱っこではなく子供をおんぶで行っていましたが、この「おんぶ」
の体勢は身体の後ろに重みがかかるため、落とさないようにするために背筋
が伸ばされ、腰椎は屈曲するため、腰の反りをなくすような骨盤の状態に
なるので、お子さんの腰が据わった時期に「おんぶ」を行ってみてはいかが
でしょうか?
また子供を片手で抱っこする事もありませんので左右のバランスも崩れること
はありません。なにより両手で家事等を行うことができます。

カイロプラクティックでは骨盤を矯正することで、歪みを正すだけではなく、
傾きも調整することも可能ですので、一度当院で身体のバランスを確認して
はいかがでしょうか?