前回は腿の前の筋肉トレーニングについて書きましたが今回は
ふくらはぎです。

ふくらはぎの筋肉は前に歩くとき、つま先で床を強く蹴り出す
役目がありますが、筋肉が衰え弱くなると床を蹴りだすことが
できず、段差などに躓き転倒してしまいケガをする危険性があ
ります。そうならない為にはふくらはぎの筋肉をつける必要が
あります。

筋トレの手順としては

①肩幅に足を広げ、つま先が内や外に向かわないようまっすぐにする
②重心が外や中にならないようつま先立ちになる
③30秒呼吸をしながらキープする
%e3%81%a4%e3%81%be%e5%85%88

になります。注意事項としては

①つま先立ちしているときに足が滑らないよう靴下だけで行わない
②重心が内外にならないよう気をつけながら視線は斜めした前に
向ける
③壁や机、いすの背もたれ等を手すりになるものが手に届く所で
行い、転倒やバランスを崩した時に掴まれるようにする
になります。

ふくらはぎを鍛えて転びにくい身体にしていきましょう!!