暖かい室内から屋外へ出た時に、寒くて思わず肩をすくめてしまうことはありませんか?
この動きは、首から肩にかけての「僧帽筋」という筋肉に力が入ってしまう動きになります。一般的に肩がこったと感じる場所です。

これからますます寒くなっていくので、肩をすくめる回数も増え肩こりを悪化させてしまう可能性が高くなるかもしれません。

僧帽筋は、頸から背中に向かって走っている菱形の大きい筋肉なので、首だけではなく肩甲骨を動かすのも主要となっている筋肉でもあります。とくに、僧帽筋の上部繊維は、肩甲骨を挙上させる作用があり、肩こりに非常に関係性が強いです。

寒くて僧帽筋が緊張することによって血管が圧迫されて血行不良となり、リンパも圧迫され老廃物や疲労物質の蓄積が始まり、さらに肩こりが進行すると、神経が圧迫され肩周りから、腕のしびれも発症するケースもあります。

まずは肩こりがひどくなる前に、頸~肩周りを冷やさないことを徹底していきましょう!

「肩こり イラスト」の画像検索結果