この頃急に温度が下がってきて咳やくしゃみ、鼻水…のような
症状が出てしまうことが起こるかもしれませんが、もしかしたら
激しい気温差によって生じるアレルギーによるものかもしれません。

566716
これは寒い所から急激に暑い所へ、暑い所から急激に寒い所へ移動した
時などに出てくる症状になりますが、場所だけで起こるものではなく
季節の変わり目の時期についても同じく発症しまうのです。

つまり

暑い夏から冷え込む秋または冬
寒い冬から温かい春または夏

といった気温の変動が早く大きくても発症してしまうのです。

症状としては
・鼻水
・くしゃみ
があり、人によっては咳や頭痛、自律神経の乱れによるイライラと
いった症状もあります。

但し、ウィルスによるものではないので熱を出すことはありませんし、
鼻水も黄色くならず無色透明です。

この寒暖差アレルギーはウィルス感染ではない為、治療薬もなく鼻炎薬
や自律神経を整える薬など対処療法になりますので、日ごろのケアが
重要になります。

一番は温度差が出さないよう、上着を1枚持って歩き気温に合わせて
脱ぎ着することが大事になります。併せて、生姜やニンニク等身体を
温める食材を取り入れる、入浴や深呼吸など自律神経を整える、といった
ケアも必要になります。
まだまだ、気温の変動が大きくなるこの頃、日ごろのケアで身体を労わって
健康に過ごしていきましょう!!