以前に湯船に浸かる温まり方をお話しましたが、シャワーも使い方を工夫すれば
効果が高いようです。
熱の伝わりやすさという点では、空気が10とすると、動かない水は100、流水は1000だそうです。
つまり、「シャワーは湯船よりも10倍温まりやすい」とも考えられています。
これは、身体の表面に体温以上の温度のシャワーのお湯が当たることで、身体に流れている血液がその温度に引き寄せられ、一気に体表面に集まる為です。
シャワーを浴びた後は、身体が火照っているように感じるのはこの為ですが、身体の深部が温まっているわけではありません。

シャワーでも身体の「深部」を温めるコツ♪
・脇の下
・耳のすぐ下
・首のわきや後ろ側
・両腕の付け根
・両脚前の付け根
・両膝の後ろ
・両足首の内側

シャワー温度を、体温より少し高い程度に設定し、リンパ節を温めることです。
リンパの流れを良くすることで、血流が良くなり、身体が温まります。
熱の伝わり方が早いシャワーは身体を一気に温めるのですね!
浸かるのが一番!と思っていましたが、シャワーにも効果があるようです。
時間がない方は、ぜひ上記のリンパ節を温めてみてはいかがでしょうか。
「シャワー イラスト」の画像検索結果